top of page

ENTRY

チームで​叶える

EPISODE.4 (社)Japanセルフマネジメント協会の設立と教育コンテンツ事業の誕生


学習塾を立ち上げて、子供達と向き合うことに加えて、

その保護者様とも向き合う機会をたくさんつくりました。


年に3回の保護者会で、こちらの教育に対する想いを熱く伝え、

年に3回の保護者面談で、保護者一人一人と学習のことはもちろん、


子供がどうすれば幸せになるかを本気で議論をし、

そして何かあればすぐに家庭に電話をして、

家庭と保護者様と連携をして子供達をサポートしていきました。


そんな中で気づいたことがありました。それは、


「子供の自律(自立)には親の影響が7割〜8割もある」


ということです。


子供達の文武両道できる環境をつくりたい、

子供達を好きなことと勉強を両立できるような

自律(自立)した人間に育てたい。


その、自律(自立)には、親の関わりが想像以上に重要だったのです。


そこから、「親教育」の重要性を感じ動き出します。


具体的に約4000回の保護者面談を通して、

子供を自律(自立)させている親の特徴が手に取るようにわかるようになりました。



簡単にいうと、子供が思春期になっても「見張る」という子育てをしていると

子供は自律しません。思春期になる頃から段々と「見守る」というスタンスに変え、

そして一番子供が自律している子の親は、

「背中を見せている」のです。


「私の人生楽しいわ」とか「仕事が楽しいわ」とか「家事が楽しいわ」と

人生を楽しむ背中を見せている。


言い換えると、親自身が「自律(自立)」をしているのです。



そこで、いままで私たちが子供向けにやっていた、

自律(自立)のためのセルフマネジメント教育が

親にも必要だと(社)セルフマネジメント協会を設立しました。


そこでセルフマネジメント教育を体系化し、

教育コンテンツ化や講座化をして広めるようになりました。


これが現在のFreewillの教育メソッドの1つになっているのです。

そして、これをきっかけに「教育コンテンツ事業」を立ち上げました。

EPISODE.1 全ての始まりは、ふとした疑問でした。

「本当に今の日本の教育で子供たちは楽しいのか?」 ここから、私の教育に対する探求は始まりました。 そもそも、私の指導人生の始まりはといいますと・・・。 高校3年生でサッカー部を引退。 その後、サッカーの指導者として地元の子供達にサッカーを教えたのが始まりでした。 まだ18歳のひよっこでしたが、子供達の成長や喜んでいる姿にふれられ、 今までにない喜びを感じました。 そして、それが生きがいとまで感じら

EPISODE.2 日本の教育を変えると思うきっかけ。自分の手で”子供達に最良で最高の教育環境を整えてあげたい”

2006年(平成18年)広尾の小さな教室にFreewill学習塾を開校しました。 Freewillとは“自由な意思”という意味です。 ここに通う子どもたちには、“自由な意思”を手に入れてほしい。 “自由な意思”を持てる力を身に付けてほしい。そういう意味があります。 またfreeは自由、willは未来を表します。子どもたちに自由な未来を描いてほしい。 そんな思いを込めて名前をつけました。 私が塾をや

EPISODE.3 なぜFreewillが「世界の教育機械の平等化」というビジョンを掲げているのか?

大学時代、 「貧しい国の子供達は、まともに教育を受けることができない。」 ということは、TVでも雑誌や本からも伝わってきていました。 しかし、メディアを通してなので なんとなく 「こんな世界もあるんだ、かわいそうだな」 と別の世界の出来事のように思っていました。 しかし、たまたま旅行で行ったフィリピンで、 現地の子供達と実際にふれあい、 「これは、他人事ではない」 と実感したのです。 こんなにも純

Comments


新卒採用

中途採用

bottom of page